棒とかヘラとか

放置されてた廃材の棒(写真上)から、
木切れ(写真中)を切り出して、削ってやすって、
革の断面を磨く棒(写真下)をつくりました。

木切れがガタガタなのは切り方がへたなせいです。

気に入ったので、格好つけて撮ってみました。

たぶん1年くらい前につくったヘラです。同じ廃材から切り出してつくったものです。
いつも革の断面や表面を磨くのに使っています。これの棒バージョンが欲しくって。

材料にした木の棒は、とても固くて繊維がみっちり詰まっていて、いい香りがする木材です。種類は不明です。

ずっと雨風にさらされていた廃材で、表面はガッサガサになってたけど、少し削るとしっとりすべすべな層が出てきました。もとは建具だったみたいです。

革の表面を磨く時も、市販のウッドブロックよりもなぜか早くきれいに磨けるので、大変気に入っています。