パスケース KP (CA-006) をショップにアップしました

こげ茶色に染めたオイルレザーで、パスケースを作りました。明るめの茶色の革にこげ茶色の染料を入れて、深みのある濃さの茶色に染めた革です。

ポケットが付いている面は、本体部分のみ手揉みををして、革らしいシボ模様を出し、風合いの変化を付けました。ポケットのない裏面はつるっとしています。

必要最低限のカードをちょっと入れておけて、タブとかが一切ないスッキリとした形で、触り心地・持ち心地が良くて、というようなカードケースが欲しくて作ったものです。

片面にはポケットを付けました。名刺サイズのカードが入る大きさです。

コバ(革の断面)は「切り目磨き」という仕立て方をしています。ヤスリやノリなどで表面を整えた後、染料を入れ磨き、熱を加えながら蝋を溶かし込んでさらに磨く、といった端の処理方法です。硬くなってとても丈夫になるので、耐久性もアップするし、傷や凹みが出来たら、削って磨き直すことも出来ます。

オンラインショップで販売しています。