紅茶で布染め

内袋として使うための、うすいベージュ色の布が欲しかったので、コットン地のはぎれを紅茶で染めました。染めた布は、生成りの綿100%のシーチングのはぎれと、晒し布(ガーゼ)です。です。事前に洗ってノリをしっかり落としておきました。

紅茶は、数年前に賞味期限が切れていた、さくらの花入りのものです。媒染剤として使うミョウバンがなかったので、代わりに塩を使いました。

鍋に紅茶を煮出して塩を溶かし、染め液を作り、コンロにかけ、60〜70℃キープで、お鍋でフツフツ20分。しっかり加熱&撹拌しながら染めました。染色後は酢で色止めをしたあと、ハミングでやわらか仕上げにしました。

シーチングは、わりとしっかりとしたミルクティ色に、晒し布の方はピンクがかった、うっすらベージュ風味に染まりました。思ったよりもきれいで好みな色が出てうれしいです。


追記: 乾いたあとの様子です。