ペンケースをつくりました (CA-007)

このところはずっと、革でペンケースを作っていました。形が変だったやり直し→形はいいけど仕立てがダメやり直し→ボンドはみ出ちゃったやり直し、などとやり直し続けていたら、使うあてのないペンケースがたくさん出来ました。

作ったものの中から、いい雰囲気で出来たけどちょっとボンドはみ出ちゃった、でも機能的には問題なし、なものを、ボンドはみ出し価格で販売します。

革は多脂牛という、タンニンなめしの牛革です。赤みがかった焦茶色で、厚みが少しあります。少し硬さがありますが、使っているうちに柔らかくなります。

ファスナーはカバン用の大きめなサイズのものを付けました。ファスナー自体がマチになる形です。前回作った時よりも少しファスナー幅を広めにとって、容量をアップさせました。

内側には焦茶色のピッグスエード(豚革)を縫い付けました。スエード地なので傷を気にせず使えます。手触りも良いです。

長さは18cmちょいです。15cm定規とシャーペン・ボールペン・鉛筆・消しゴムがちょうどぴったり入るくらいの容量です。

はみ出したボンドは、近くでみないとわからない程度ですが、一度気が付いちゃうと気になるレベルです。写真では目立ちにくく見えますが、一部分の質感がパリっとしてるので実際にみると結構わかります。

オンラインショップで販売しています。