古革のうろこ

約20年くらい前、輸入古着のお店で購入した、革のうろこパッチワークジャケットがありました。 すっかり着なくなっていたけど、ずっと手入れをしつつ何年も保管していました。

裏地をはずし袖をはずし、バラバラに解体後、表地のパッチワークの糸を1本1本ほどいて、パーツを1枚1枚サドルソープで洗って、状態のいい部分を選抜してオイルを何度もすりこんで、磨いて色分けして、穴のあいた縫い代をちまちまカットして、という果てしない作業を経て。

茶色軍団を選出。好きな色&素材の並びになるまで、何度も並び替え&入れ替え。

ミシンで縫ってみた。なぜだか左肩上がりに。パーツ同士を固定するのに、どう仮止めしたらいいか迷って、クリップで適当にとめつつ縫ったらひん曲がっちゃった。

近くでみたらいい感じ。左肩上がりだけど。同系色&異素材の組み合わせってとても好きです。

ひん曲がりリベンジをするべく黒軍団を選出。

失敗をふまえて慎重に縫った。今度はひん曲がらず成功。

このうろこ素材で何をつくるかは未定です。